Thu.

リングサイズ簡単測定法  


リングサイズの簡単な測り方


リングサイズが分からないと、何号のリングを購入したら良いのかわかりませんよね。

ここでは、一人でもできる簡単なリングサイズの測定法をご紹介します。

リングをはめる指の周囲の長さがリングサイズになりますので、指の周囲の長さを測ります。

簡易な方法なので少々の誤差が生じることもあるため、あくまでも目安と考えて下さい。

動画を見ればだいたいわかると思いますが、念のため説明も載せておきました。
下記の「注意事項」「簡単測定法の欠点」が意外と大事なので、目を通しておいて下さい。


リングサイズの測り方動画
リングサイズの測り方動画



用意する物

・細長い紙(実際に着用するリング幅に合わせた方がベター)
・定規(ミリ単位のもの)
・ペン(先が細い方が正確に測れます。)
・セロハンテープ(一人で測るときに便利)

JCS規格リングサイズ表
リングサイズ表
JCS規格リングサイズ表
リングサイズ表


測定方法

1. リングをはめる指の一番太いところ(第2関節辺り)に紙を巻き付けます。
注)指を曲げ伸ばしして、きつくもなく、ゆるくもない調度いい具合に巻いて下さい。

2. 紙が1周した箇所にペンで印を付けます。

3. 紙を伸ばして印が付いた箇所までの長さを測ります。

4. その長さとリングサイズ表の「指周り」を照らし合わせて、リングサイズ(号数)を決めて下さい。


注意事項

注)指の太さは、季節や時間帯・体調などで変化しますので、測定するタイミングを変えて何度か測った方が理想的です。

注)測定する際も、一回だけでなく何回か測定して平均値を出した方が、より正確にリングサイズを知ることができます。

注)できれば、誰かに手伝ってもらった方が良いでしょう。

注)幅広のリングは、幅の狭いリングに比べてきつく感じます。紙の幅も、できるだけ同じ幅に合わせるようにして下さい。

注)また、幅広のリングサイズを決める際は、リングサイズ表で決めた号数より1~2号大きめのサイズにした方が無難です。


簡単測定法の欠点

上記の測り方はとても簡単な測定法ですが、以下のような欠点があります。

・紙を巻く時の力加減で長さが変わるため、リングサイズに誤差が生じます。きつく巻くとサイズが小さくなり、ゆるく巻くと大きくなってしまいます。

・また、紙の厚みやねじれで、大きな誤差が生じることがあります。場合によっては、3号以上誤差が出てしまいます。

測定した紙の長さが1ミリ変わると、リングサイズは1号変わります。

せっかく手に入れた指輪なのに、サイズが合わないと悲しくなりますよね。

大きめのサイズだったら指に入るのでまだいいですが、サイズが小さかったらはめることも出来ません。最悪です。

こんな悲しいことにならないために、リングサイズは正確に測りたいものです。

リングサイズを正確に測るには、「リングサイズゲージ」が便利ですよ。

1号~30号まで測れるものもあります。安いもので200円代、高いものだと3,000円代です。

一生使えるものなので、一つ持っていても良いのでは?

リングサイズゲージの詳細は画像をクリック↓

「リングサイズゲージ」
詳細は画像をタップ↓

リングサイズゲージ



Go to「キースリチャーズとスカルリング」
Go to「ガルニのスカルリングは軽い」
Go to「ローリーロドキンのスカルリング」


2018/06/07 23:43 [edit]

category: リングサイズ測定法

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事一覧

全記事表示

カテゴリ

リンク

おすすめサイト

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

▲Page top